はじめての鉄瓶買取

眠っている貴重な鉄瓶は買取へ

鉄瓶買取の鉄瓶は南部鉄器に始まり龍文堂・亀文堂等があります

現在、鉄瓶買取が注目を受けていす。なぜなら、鉄瓶の利点がいくつもあることが見直されているからです。昭和のはじめごろまで使われていた鉄瓶ですが、最近は、生活様式が変わり、やかんや電気ケトルに押されてしまっていましたが、特に、最近の健康志向が鉄瓶の健康面でのよさを発見し、それがテレビや雑誌で取り上げられてから、鉄瓶買取は、多くの人が利用するようになりました。

特に、健康面での鉄品の利点は、鉄瓶を使っていると、鉄欠乏症貧血を予防する効果が高いことです。 鉄欠乏性貧血とは、人体にとって必要な鉄分が不足して、酸素を活用できなる病気ですが、軽度の場合には、ふらつきやだるさ、疲れといった体調不良があります。

そして、ひどいときには倒れてしまう病気です。現代人の貧血のほとんどがこの鉄欠乏性貧血で、これらは鉄分の不足から起きます。その鉄分の不足を補うには、食べ物から取れる鉄分よりも、鉄瓶の湯の中に溶け出す鉄分のほうが吸収率が何倍もよいことがわかり、鉄瓶が最近新聞や雑誌で注目されるようになりました。

毎日、鉄瓶で飲むと貧血を予防し元気な体にしてくれることがわかり、鉄瓶買取の利用者が増えています。もし、今は使っていない鉄瓶がありましたら、鉄瓶買取を利用すると便利です。

ところで、鉄瓶の歴史ですが、鉄瓶は最初、東北地方の岩手県の鉄工房で鉄器の一つとして作られました。岩手県北部では刀作りに使われるほど鉄器作りに最適な鉄や砂鉄が豊富に産出され、岩手県北部から南部までに鉄器作りの工房が沢山作られました。そこで、後に鉄器は一般に南部鉄器と呼ばれるようになりました。時代を経て、鉄瓶を作る職人である鋳物師により鉄瓶にさまざまな模様や文字が施されるようになり、茶道具としだけでなく美術的・工芸的価値の高い高級な鉄瓶が生産されるようになりました。

その中で有名なのが龍文堂の鉄瓶です。龍文堂は江戸末期から昭和33年頃まで8代続いた京都の鉄瓶屋ですが、明治から大正にかけて高級な鉄瓶を多数製作していました。また、龍文堂の2代目の門人から後に近江で亀文堂を起こす波多野正平がいます。波多野は龍文堂二代目に師事したあとで、近江で亀文堂鉄瓶を作り、龍文堂鉄瓶とあわせて現代でも鉄瓶買取でも高額な値がつけられています。鉄瓶買取でも高額となる人気が高い鉄瓶です。

これらの高級鉄瓶は鉄瓶の利点の一つである美術的価値や工芸品としての価値を一段と高め、人々の心を魅了する至極の時間を作り出してくれています。

Copyright(C)2015 はじめての鉄瓶買取 All Rights Reserved.